鮎のひれが立つ

写真の鮎のひれが立っているのがお分かりになるでしょうか?

 

鮎は生きたままビニール袋に入って、花しまに届きます。

生きたまま焼くと、ぴんっとひれが立ちます。


美しい盛りつけも京料理の醍醐味。